すみよしの手帖

生活となりわいと趣味の手帖を紐ときます。

映画・ドラマ

アカデミー賞 脚本賞『Juno』を解体して考える映画の構成要素

妊娠した女子高生、その家族、そして里親の物語を描いたカナダの映画、『Juno(ジュノ)』。2007年作、ジェイソン・ライトマン監督。 私が今まで観た中で、1番か2番に好きな映画です。今日はこの映画の魅力をとにかく語りつくすことにします。そしてその中…

字幕翻訳が超訳とかになりがちな理由

こんにちは、ドイツのふらふらフリーランサー、よしのです。 主に字幕翻訳をしています。 「字幕翻訳って超訳じゃない?」を筆頭に、字幕翻訳に対するよくある疑問・批判について、なぜそうなるのか理由を書こうと思います。 字幕翻訳をしている人や、字幕翻…

ドラマSilicon Valleyから学ぶ!ギークな自宅兼オフィスのインテリア

こんにちは、よしのです。 当ブログでは1番人気の記事「お手本にしたい!Carrie Bradshaw のお部屋」に引き続き、アメリカのドラマのインテリア解説。 今回は、Sex and the CityやGame of Thronesでもお馴染みの、HBOというケーブルテレビ放送局が手がけるド…

好き活のススメ

こんにちは、よしのです。 今日はさっくりと「好き活(すきかつ)」をお勧めしようと思います。 先に言っとくと婚活や恋活とは関係ありません。 SPONSORED LINK // 好き活とは 『魔女の宅急便』を好き活してみる 好き活のいいところ 思考の整理になる ポジテ…

アイドルと恋に落ちる!?胸キュンドイツ映画 “Groupies bleinen nicht zum Frühstück / Single by Contract”

こんにちは、よしのです。 “Groupies bleiben nicht zum Frühstück”は、邦訳すると『アイドルはお泊り厳禁』かな?あまりにもダサすぎ??? 日本語でこの映画を紹介しているサイトがほぼ皆無だったので…勝手に訳しました。 私がドイツに来て間もなく購入し…

ドイツが描く東西ドイツ統一 ”GOOD BYE LENIN! グッバイ、レーニン!”

こんにちは、よしのです。 最近気づいたこと。日本語を話す外国人でも、レベルはピンキリで、とってもナチュラルな人もいれば、てにをはや単語が不自然だなぁという人もいる。 以前も書きましたが、私はドイツ語を勉強するためによく日本やアメリカの作品の…

和建築を考える; “サツキとメイの家”にトリップできるサイトまとめ

こんにちは、よしのです。 みなさん、ジブリ映画は好きですか?私は大好きです。たぶん『魔女の宅急便』が1番好きで、その次が『となりのトトロ』かな。子供の頃は『天空の城ラピュタ』が好きでした。 宮崎駿監督の作品は、年齢を増すごとに、作中の違うキャ…

お手本にしたい!Carrie Bradshaw のお部屋

今日はずっとこんな部屋に住みたい!と思っていた、キャリーのお部屋をわたし目線で解説していきたいと思います。 彼女は、アメリカのドラマ“Sex and the City (SATC)”の主人公であり、靴とファッションが大好きなニューヨークに住むコラムニストです。 キ…

映画 “Grüße aus Fukushima フクシマ・モナムール”を観て

ド―リス・デリエ監督がメガホンをとった、3.11後の福島を舞台にした物語、『フクシマ・モナムール』を、上映早々ドイツの映画館で観てきました。 https://www.berlinale.de/en/programm/berlinale_programm/datenblatt.php?film_id=201606080#tab=filmStills…