読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すみよしの手帖

生活となりわいと趣味の手帖を紐ときます。

一人旅のススメ

 

こんにちは、よしのです。

日本はGW、旅行シーズンですね。

友達と行く旅も思い出になっていいけど、私は一人旅が好きです。

今日は一人旅の良さと注意点を語りたいと思います。

 

 

今まで私が一人旅したのは、日本国内なら東京、大阪、三重、福岡、沖縄、香川、徳島など。日本国外なら、ドイツ、オランダ、フィンランド、ルクセンブルク、ベルギー、ギリシャなど。

電車や飛行機の旅のほか、レンタカーを借りて独りで運転して行ったこともあります。

 

一人旅のいいところ

何と言っても自由

複数で旅に行く場合、好き嫌いを合わせないといけません。行く場所、食べるもの、予算、時間配分、などなど…。

一人だったら、全部好きにすればいいから、好きなものが見れて好きなものが食べられるし、だらだら寝たりもできます。予定を細かく立てなくていいところがポイントです。

泊まる場所と移動手段さえ決めればあとは行って、気分で決めるだけ!私の一人旅はこういうスタイルが多いです。

 

集団で行くと、途中で単独行動したりするのも気が引けますが、一人だったら、旅程の1部分だけ現地の友達に会ってお茶やご飯をすることも簡単にできます。

以前、近所に住んでいる友達が偶然、同じときに同じ旅先に来ていることをFacebookで知って、急きょ駅で一緒に軽食をつまんだこともあります。こういう偶然まかせなことができるのが一人旅の醍醐味です。

 

f:id:hatehatettt:20170505015751j:plain

思いつきで昼寝したりもできます。

 

考えを深められる

旅先で新鮮な感動を得たときに、友達や家族が一緒だったらすぐにそれを共有しますよね。私の場合は、それで満足してしまう部分が大いにあります。

一人だったら、気持ちをシェアできない分、それが自分の中を循環していって、思わぬ思想の発掘があったりします。ガツンと忘れられないような何かを感じたり、人生を変えるような思いつきは一人のときに生まれます。一人旅はそういうシーンをよく提供してくれます。

 

SPONSORED LINK

 

 

一人旅のよくないところ

たまに怖い

いい側面があれば、あまりよくない側面もあります。

例えば、私がこの間一人旅しているときは、真昼間だったんですが人っ子一人いない山道に迷い込み、5kmくらい独りで歩いて、途中携帯の電源は切れるし、雨は降ってくるし、ここで誰かに殺されても絶対気づいてもらえないよ(T T)と本気でドキドキしました。

あれが友達や家族と一緒だったら、マイナスイオン溢れる気持ちのいいお散歩だっただろうと思います。

 

当たり前ですが、危険度の高い行先・治安のあまり良くない場所への一人旅は避けましょう。そういう場所は現地に詳しい人と一緒に行った方が安心ですね。

ホテルも、一人の場合は夜単身で歩いても大丈夫そうな街中のところを取るようにしたほうがよいです。

 

私はあまり旅先で友達を作るってことはないですが、ユースホステルによく泊まる友達や人好きの友達は、旅先で出会った人と次の日一緒に行動するという話を聞きます。新しい出会いを満喫するのは素晴らしいけど、うかうか変な場所についていかないように注意しなくてはいけません。

 

ご飯どきちょっと寂しい

ご飯を食べるときはやっぱり誰かと一緒がいいなと思いますね。なんなんでしょうかね?あのもの寂しさは。

ラーメンや回転寿司、バーなどのカウンターや外カフェだと平気ですが、レストランの対面型の席で独りだと寂しさが増す気がします。

こういう場面でも一人で食事や飲み物を楽しめる余裕に至るには、まだ訓練が必要なようです。

 

まとめ

  • 思いつきで自由に動けて、新たな発見も満載の一人旅はおすすめ!
  • 一人旅では危険を察知するアンテナをいつも以上に敏感に張っておきましょう

 

以上です。ビスダン。