すみよしの手帖

生活となりわいと趣味の手帖を紐ときます。

ドイツでにんぷなう② つわり

f:id:hatehatettt:20180902062053p:plain

 

こんにちは、よしのです。

前回に引き続き、妊娠レポです。

 

SPONSORED LINK

 

突如始まるつわり

妊娠発覚まではそれまでと変わらず過ごしていましたが、発覚直後からなんか自覚的になり、そういえば…と思い当たるふしが色々出てきました。

 

つわりのつらみ

「つわり」って、言葉は色々なところで聞くものの、体験しないとわからないですよね。

私の場合は、吐いたりしてはいないものの、何となくだるい、頭が痛い、疲れやすいなどに始まり、寝てもねてもすっきりしない、食欲がない、立ちくらみがする、においに敏感になる、座って作業するのが息苦しい…といったものが続きました。

 

にんにく、ベーコン、お酒のにおいなど、そして何より、それまで使っていた洗濯洗剤(レ◯ア)のにおいを受け付けられなくなりました。その洗剤で洗ったパジャマやシーツはどうしても使うことができず、別の洗剤で洗い直したりしていました。

 

外に出かけること、料理をすることがたまらなく億劫で、朝から晩までベッドでごろごろしてばかりの日もありました。筋肉がなくなり、どんどん体が固まって、首はゴリゴリに。

ろくに食べないのでパワーも出なくなり、ちょっとの行動ですぐに息切れ。シャワーを浴びてはゼエハアと横になり、散歩に行っては5分ごとにゼエハアとベンチに座り込み…。

簡単な事務作業にもなかなか取りかかれず、焦りが出てきます。

 

いつまでもこれが続くのだろうか…と思いましたが、妊娠初期も終わりに差しかかって、よく言われるようにつわりは落ち着いたので、今は大分楽です。

 

妊婦カード発動!

つわりに対する理解って各家庭で大きく異なりそうですよね。いつもできてることができないと自然、罪悪感がでてきます。見た目に変わらないから、単純にだらけているように見えるだろうと思います。

私は、昼過ぎまで寝る、買い物や料理をしない、などのタイミングでしばしば「妊婦ですから!」と主張していました…。夫には「またそんなこと言って」と言われていましたが(それでも買い物などは一緒に行ってくれて、重いものをもったりしてくれましたけど)、図々しく主張するくらいで丁度よいんではと思います。

 

この時期の妊婦は、もう風邪ひいてるのと同じと思って、できないことが多くても家族や周りの人は妊婦に理解を示して支えてあげて欲しいよなぁと切に願います。

 

それでは、ビスダン!